組織概要
名 称 大森本場乾海苔問屋協同組合
(おおもりほんばほしのりとんやきょうどうくみあい)
所在地 東京都大田区大森中1-6-5 〒143-0014
電話(03)3762-3441 FAX(03)3762-3445
E-mail oomori-norikumiai@nifty.com
URL http://www.oomori-norikumiai.com
組合員数 54社  平成28年(2016)11月現在
役 員
理事長 朝倉重夫
常務理事 金子博治
常務理事 岩波明彦
常務理事 古市尚久
理 事 松尾順一 久保井茂夫 矢澤俊治 進藤武広
小林範明 日達博 松山聞義
監 事 平林明 福本雄介
相談役 福本惠一
業務内容
1.共販事業 生入札:11月〜4月/毎週水・土曜日 囲入札:9月〜10月/毎月6の日
2.資材供給事業
3.保管事業
4.教育情報事業
5.福利厚生事業

大森組合の市場について
庭先入札が戦前より行われており、伝統に育まれた歴史ある海苔市場です。 生入札会では、東京湾内の神奈川県漁連の入札を中心に大阪、徳島、熊本などからの出荷品を取り扱っております。また、全国からのモニターの市場としても期待されています。
※モニター品取扱規定については、電話・FAXまたはメールにて組合事務所までご連絡ください。
沿 革
文化文政年間
(1804〜1830)
現組合の基礎ともいえる仲買仲間が組織される
慶応元年(1865) 大森村南原(現在の大森東一丁目)の稲田屋で初めての入札市が行われる
明治19年(1886) 現組合の母体となる大森本場乾海苔商組合を結成
昭和22年(1947) 品川、糀谷、羽田の各海苔問屋組合と合同して、
大森本場乾海苔問屋組合に改組
昭和27年(1952) 中小企業等協同組合法に基づき、大森本場乾海苔問屋協同組合に改組
昭和37年(1962) 大森海苔会館を新築
昭和48年(1973) 大森海苔会館を増築